在校生のページ

このページは,在校生のみなさんから寄せられた「声」でつづるページです。「あなたの声」を始め,おはがきやお電話などで寄せられた声の中からご紹介したいもの,またはそのご返事などを随時掲載させていただきます。このページを通してより良い交流ができればと願っています。なお下に行くほど日付が古くなります。
2015年6月3日
今年は本番の日の天気予報がずっと雨となっていて心配していましたが,当日は良い天気に恵まれ本当にありがたかったです。1日ずれて前日に降った雨は,乾燥しきってパウダーみたいになった運動場に湿り気を与えてくれ,子どもたちのがんばりに応えてくれたように感じました。
 天候にも恵まれましたが,本校は支援してくださる保護者にも,恵まれているようです。
 2015運動会観覧保護者様からいただきました。
今年は、期待していた以上に、一致団結と精一杯が競争、演技を通してたいへん伝わってきました。
 演技中の真剣さ、勝った時の目いっぱいの笑顔、1-2/3-4/5-6年生と、混合で上級生が下級生を手助けして、下級生は応えて演技している姿はほほえましく、感動でした。
 当日は、徐々に陽射しが強くなり、暑い時間帯が長くご指導は大変だったと思いますが、子供たちは無事に終了でき喜ばしかったです。
(知らないところで保健室行きはあったかもしれませんが)

 また、今年も多くの大学ボランティアの皆さんのお働きには本当に感謝でした。子供たちの応援、演技フォロ-、受付、会場整理、などなど例年ですが、子供たちのために尽くして下さる献身さにはすがすがしさとありがたさを強く覚えます。本当にありがとうございます。

 最後になって申し訳ありませんが、運動会という子ども一人ひとりにとって、特別な心と体の学習機会の成功に向けて携われた本校先生方皆様へ心から感謝をこめて、ありがとうございました。また、大変お疲れ様でした。
今年も、わが子の確かな成長を参観できてよかったです。
こうして皆様の温かい支えによって,今回も無事に大きな行事を一つ終えることができました。
2014年5月29日
行事の後にいただく励ましのメッセージは本当にありがたいです。
 「4年生保護者」様

 運動会を見学して
 
 今年は、午後から気温が高くなり、後半の演技・競争は集中力と体力が気になるところでしたが、精いっぱい練習の成果を発揮してくれました。素晴らしかったことといえば、ほかの学年の演技中,流れる曲に合わせるよう、歌声が子供たちのテントから聞こえてきたことです。子供たちの間にある協調、融和が表れになった瞬間で、まさにご指導いただいている賜物です。改めて毎日懸命に生徒と向き合っている先生方に感謝申し上げたいです。それから、わが子の心身ともなる成長は演技中のはつらつしたにこやかな表情、トラックを駆ける姿を間近にし、運動会に取り組んだ姿勢と学校生活への意欲がよくわかる機会でした。最後に、今年も素晴らしい運動会開催に携わってくださいました皆様に心からありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

 みんなで準備をして迎えた行事を終えた後には,心地よい疲労感とともに,達成感も感じることができます。その時に,参加して下さった保護者の方からいただく励ましのメッセージは何よりうれしいものです。
 もちろん,改善すべきところもたくさんあったと思います。昨年度から行事を終えた後,記憶の新しいうちに次へ活かせるように振り返りの機会を持つようにしています。早速,今年度の実施計画書には,来年度に向けて様々な修正意見が赤で書き込まれていました。日々,成長していく子供たちに負けないように,私たちも向上していきたいものです。
2013年5月27日
今年も運動会を終えた後に届いていました。
 「3年生保護者」様からいただきました。
初夏を思わす日差しのなか、生徒、先生、PTA役員、学生ボランティアの皆様、清心小らしいすがすがしく元気あふれる感動いっぱいの一日をありがとうございました。特に、日ごと練習成果が日焼けした少したくましくなった子どもたちに出会え、わが子だけでなく日々学校教育を通して成長させて戴けていることが伝わってきて、うれしさを覚えました。また、理事長様・学長様から記念品を渡されている光景や学生ボランティアの惜しみない働きには、本当に感謝で、学園あげての行事である一方、生徒の成長にたくさんのご理解があることもよくわかりました。こうした励ましを受け、わが子を含め生徒皆さんの大会の主役としての精いっぱいの演技、リレー、そして応援に一生懸命だった姿に感動しました。最後に校長先生のめあては、清心小らしさを大事に大会の弾みとしても生徒たちに伝わっていました。私自身、わが子の学年だけでなく、もっと”声の応援”をしないといけないなと反省しました。これからも子どもを励まし、教員の皆様が目指すところに、日々前向きに臨めるようにフォローしていきたいです。本当にすばらしい一日をありがとうございました。
今年は練習の最後の週に暑い日が続いて子供たちも大変だったと思います。しかし,子供たちは元気でよくがんばっていました。
 1年生の担任の先生に「子供たちはだいじょうぶかな」と尋ねたところ,「練習の後にも,教室であれだけ元気なのですから,だいじょうぶでしょう」と言っていたのを思い出しました。休み時間にも,音楽をかけてもらってダンスの練習をするなど楽しんで取り組んでいる姿もよく見かけました。
 1つの行事を成功させるために,児童と教職員と保護者と大学生のみんなで協力し合うことができ,今年も感謝のうちに終えることができました。
2012年5月28日
運動会の代休の早朝に届いていました。このコーナーの更新は1年ぶりになるようですね。
 「二年生保護者」様からいただきました。
運動会を参観しました。各学年ごとの運動成果だけでなく、みんなで応援する一体感と「最後までがんばる」という心意気が伝わってくる素晴らしい一日でした。特に、高学年は会の進行に中心的な役割をきちんと果たしその成長された姿はとても輝かしく見えました。また、子供たちのやる気と集中力をいきいきした行動力と働きかけで会の進行に携わられた先生皆様と学生奉仕の皆様に敬意と感謝を申し上げたいと思います。
 また、会の最初と最後の校長先生のおはなしは、清心小学校らしさが初めて来校した保護者にもよく伝わったようで、また閉会でのあいさつは先生方を代表してあたたかい見守りの姿勢があらわされ、最後まで安心して参観いたしました。あらためて、保護者の一人として学校の教育により関心をもって、家庭では清心小学校のすばらしさを享受しうる素地を養っていきたいです。
 最後に、会の運営にあたられ、本当におつかれさまでした。素晴らしい一日をありがとうございました。
行事を終えた時に,こうした励ましのメッセージをいただけると本当にうれしいです。
 高学年の子供たちは,先生たちと同じように,みんなで一つの行事を終えた後の達成感を味わうことができたようです。
 保護者の皆さんが準備や片づけにも,大変奉仕的に動いて下さりありがたかったです。心強い応援団がいてくださり,本校は本当に幸せな学校だなあと思いました。
2011年4月25日
声の広場への投稿は久しぶりですね。うれしいです。
 1年生男子保護者
電車通学するようになり、最初は親と一緒に通学していましたが、ここからはひとりで行くと言って、岡山駅からひとりで歩くようになり、電車にもひとりで乗るようになりました。
ひとりで歩く姿を見かけた上級生が声をかけて一緒に行ってくれるようで、少しでも長く上級生と一緒に行きたいようです。
素敵な上級生に恵まれて感謝しています。
入学して約2週間。少しずつ登下校にも,学校生活にも慣れてくる時期ですが,1年生にとっては,電車通学はやっぱり不安でいっぱいのことでしょう。

その中で,上級生が優しい姿を見せてくれていてほっとしました。
きっと自分が低学年の時にもそうしてもらっていたのだと思います。
そんな優しさを自然に表現できるところは,清心小の伝統として,受け継がれていってほしいと思います。
2007年12月6日
先日の「6年生の男の子」に負けじと投稿がありました。
 お名前は,「六年の男子」だそうです。
久しぶりの投稿です!!
僕は、清心小学校に入って一番面白かった行事は、
修学旅行です!!!
一番印象に残ったことは、白根山の不思議な色の湖です。
白根山は、とても寒かったです・・・
残りの三ヶ月間、悔いの残らない、三ヶ月にしたいです。
清心小学校では信州・長野地方に修学旅行に行きます。自然の雄大さとその自然に,時には立ち向かい,時には共存しながら,人間が作り上げてきたものを見学します。白根山のカルデラ湖の不思議な色を見る時,神の力を感じた人もいるようです。旅行を通じて深めた友情をこれからも大切にしてほしいと思います。
2007年12月3日
6年生からメールが届きました。
 「僕は、六年生の男子です」という方からです。
小学校生活も早いもので、一年の頃が、まるで一週間前のように感じる事があります。(笑)現実に戻りますが、一日の大半をすごした、この学校での今までの大切な思い出。仲良し遠足に、山の学習、海の学習、スキー教室。そして修学旅行。とても楽しく、とても勉強になりました。また、一年~六年まで、僕たちの為に、精一杯頑張ってくださった先生たちに感謝します。そして、六年間一緒に勉強した、みんなにも感謝します。先生、そしてみんな今まで本当にありがとうございました。
小学校生活をふと振り返る機会があったのでしょうか。いろいろな思い出とともに感謝の気持ちがわき起こってきたところがすばらしいと思いました。私が6年生の頃は,たぶん何も考えずに遊びまわっていたように思います。感謝の気持ちはいつも忘れないでおきたいですね。
2007年10月10日
5ヶ月ぶりのメールです
 いつもドッヂをしている、5年生です!
私は、休み時間 A組とB組の女子も男子も混ざってドッヂをしています!
男子の強いボールを受けられたときはとってもうれしいです!
たまに喧嘩をすることもありますが、すぐに仲直りします。
私はこの学年が大好きです!
これからも、みんなと仲良く、楽しい学校生活を送っていきたいです。
仲良しはすばらしいですね。清心小学校は,400人ちょっとのあまり大きくはない小学校ですが,それだけみんなお互いによく知っていて,学年を超えた交流もよく見かけます。家族のような温かい雰囲気をこれからも保てるように子どもたちと共に努力したいです。
2007年5月11日
久しぶりに在校生からメールをいただきました。
 5年生女の子
私達は、今この学校に通っている5年生の2人組です。
私達は、いつも7:30に来て外で遊びます。
千葉先生の授業は、とても楽しいです。
先生が間違えた時に誰かが注意すると、先生は、いつも舌を出して小さな文字で直します。
このクラスの人たちは、みんな仲がいいので私達は、このクラスになってよかったと思いました。
楽しい思いをたくさん持ってもらえるようこれからもがんばりたいと思います。
2005年8月4日
夏休みは学校のことをふと忘れてしまう時かもしれません。それなのに,8月のある日突然こんなメールが来ました。
 6年生男の子
ぼくは、この学校に入ってよかったと思いました、なぜなら、イエス様のことを学びたくさんの友達が増えたからです。
今年で卒業するのでかなしいです。
ほんとにこの学校に来てよかったです。
「この学校に来てよかった」と思って卒業してもらえることは,私たちにとって何よりうれしいことです。2学期もたくさんの思い出が残る充実した時になりますように。
2003年11月15日
今日は長いメールが来ていましたので、掲載します。
教師よりも学校を愛しているときました。うれしいことです。
あなたのご家庭の教育の賜物ですよ、動物博士さん!
 動物博士さん
私は6年生です。名前は…読みすすめていくうちに分かると思いますが。
とにかく清心に通えて本当に良かった!と思っている生徒です。この前「声の広場」のところを見たらkamerinさんのメールが…。同じ6年生としてちょっと切なくなるのでした…。私もkamerinさんのようなメールを卒業のときに送ろうと思っていましたが、メールを読んでたまらなくなり、送っちゃいました。私は本当に清心が大好きです!!!!(もしかしたら先生達よりも…)本当に感謝しています。中学校は多分清心じゃないかもしれないけど、清心の事は誰よりも愛しているつもりです。この学校からはいろいろなものをプレゼントしてもらいました。いろいろな出会い、みんなと力を合わせる行事、こんなに個性的になった性格(動物大好き)…(笑) そして…友達。幼稚園のときの「清心小学校に行きたい」という気持ちが
そのあとの私をこんなに変えるものだとは知りませんでした。
この6年間は私は本当に「幸せ」でした。私は昔お金持ちだったら幸せだと思っていたんですが、その考えは違うことが分かったんです。 
「幸せ」とは、その人がそのときそのときをどのくらい輝いているかで決まると思いました。私の小学校生活のアルバムの中にはいつも精一杯がんばっている自分がいました。そして、私を支えてくれた友達、先生方、家の人…。こう考えると私が本当に大事にしていたものは どんな「物」でもない「6年間の日々」だったのかもしれません。
1年生と遊んだ仲良し遠足、あんなに頑張ったことはなかった最後の運動会、新幹線に乗った修学旅行。白根山の景色はすごかった…。
何とか成功させてやろうとがんばった最後の教生の先生のお別れ会、
私の最後の2年間を変えた生き物相手の飼育委員会&動物博士。
やっぱ6年生だから「最後」というのはつきものなんですね(泣)
本当に・・・本当に楽しかった…です。清心小学校!!!本当にありがとうございました!もうすぐ卒業ですけど…それまでの時間を大切にして過ごしていけるようにがんばります!そして今いる在校生の人にいい後姿を見せたいです! by.動物博士・・・というところでしょうか