修学旅行レポート2015 (2015.10.6~10.9)

いよいよ出発です。
いい天気に恵まれ感謝です。
同じ日に修学旅行に出かける団体が多く、新幹線のホームでも、出会いました。
車両の中でも、高校生がちょっと元気なので、私たちは全く目立たなかったようです。
姫路を通過したら、
「姫路城が見えた!」

新大阪駅に止まったら、
「ここで、降りてユニバに行こうや。」

いろんな会話が聞こえます。
最初の食事 祈りで始めます おなかが空きました。
いただきます!
妻籠宿の説明を
うかがいました
お土産を探して
グループ行動
昔の街並みが、そのまま残っています。
1日目の宿は、美ヶ原温泉です。 きのこやそばなど、信州ならではのメニューがたくさん。
お風呂を終えて、部屋で反省会。
それから、家族や知り合いの方に手紙も書きました。

この写真は、室長会の様子です。
その日の活動を振り返って、次の日に活かせるよう話し合います。
今日の反省を明日からの旅に活かすことができますように。
部屋のメンバーは、できるだけ多くの人といっしょに活動できるように毎日様々な組み合わせが考えられています。

消灯5分前、直前までうれしそうにおしゃべりしている部屋を見つけました。
楽しそうでいいですね。

おやすみなさい。
明日も元気でがんばりましょう。
朝食のメニュー
今日は、和食の朝食です
元気で朝を迎えました
すわって食事をするマナーも勉強です
松本城へ。世界遺産を目指した取り組みが行われているそうです。 旧開智学校。
昔の教室が再現されていました。
黒部は、紅葉が進んでいました トロリーバスに乗車 ダム建設の歴史を
車内で上映
やっぱり迫力がありました いい天気ですが、風は強かったです ダムの真ん中から虹を撮影
善光寺では、文化財としての価値を学んだ後、真っ暗な中を歩く戒壇巡りをしました。
広い本堂の中にすわっていると、手を合わせて祈る気持ちは、仏教もキリスト教も同じだと感じました。

黒部ダムも、善光寺も、人間の知恵と力のすばらしさを感じさせるものでした。
2日目の朝 少し眠い様子です 菅平高原の朝 いい天気ですが、結構寒いです
青竹でバームクーヘン作り できたては、おいしいね 上着・防寒着・スモックを重ね着しても寒かったです
菅平高原では、夏場にラグビーの合宿があちこちで行われているそうです。
私たちが宿泊した「ホテルやまびこ」も、そのうちの一つで、広い緑の芝生のラグビー場がすぐそばにありました。
強豪チームがこの地域に集まってくるので、練習試合をするのにも都合がいいようです。
プロ野球のキャンプが沖縄に集まるのとよく似ているなあと思いました。
軽井沢の自然にとけこんだ建物だと
あらためて感じました
神父様から今年も祝福とお言葉をいただきました
鬼押出し園での昼食 浅間山の溶岩が作り出した風景
風が非常に強かったです
旅も3日目となり、集団での活動にもずいぶん慣れてきました。
班での集合・点呼も早くなり、譲り合い、助け合いながら、日々みんなで様々なことを学び、前進しています。
この写真は、最後の宿舎に到着した時の様子です。
志賀高原の朝。
少しずつ朝食会場に集まってきています。
リンゴ狩りの説明 赤いリンゴは、どこにあるかな