修学旅行2016

修学旅行レポート2016 10月11日~14日 3泊4日
お天気にも恵まれ無事旅が始まりました。
新幹線を待っている間も、楽しそうな声が聞こえてきます。
車両の両側から素早く乗り込めるように、座席の順を考えて並んでいます。
手際よく動く姿に感心しました。
新幹線の座席は、必ずしも仲良しの人と隣になっているわけではありません。
それでも、いつもの友達を探して、席を立ちあがって、うろうろするわけでもなく、近くの人と楽しくお話ししていました。
バス1号車の様子です。
車内で過ごす時間は、結構長いので、楽しく過ごせることは大切です。
ガイドさんの説明を聞きながら、そして景色も見ながら、友だち同士でもたくさんお話ししています。
みんなでいっしょに過ごした時間は貴重なものです。
最初の食事 メニューには、小学生向きの工夫が感じられました
昔の家族制度には、たくましさを育てる面があったことを囲炉裏端で話してくださいました。 グループで楽しく買い物
1日目の宿に到着。
到着の式は、子供たちが司会をします。
ホテルの方も出迎えてくださっています。
「よろしくお願いします。」
夕食です。ごちそうですね。
たたみに座って食べるのは珍しいのでは?
ひざをついて、ごはんをついだりするのも、いい経験でした。
男子の部屋を訪問 サッカー観戦 カードゲームをする人、しおりを読んでいる人
みんなでポーズをとってくれました。 どの部屋も、あまり散らかっていません。感心です。
お風呂の後は、室長会。
各部屋から今日一日の反省を持ち寄ります。よい気づきがたくさんできていました。
今日学んだことを明日からの活動に活かしていくよう話し合いました。
部屋に戻って、明日の連絡をみんなに伝えれば、今日の活動はおしまいです。
2日目の朝。天気は良さそうです。 昨晩の反省をもとに、今日の
めあてを決めました。
松本城の中の歴史資料に、とても興味を持った人たちがいました。 教育資料がたくさん展示してある旧開智学校
現在、黒部ダムに向けてバスで移動中です。
見学場所の紹介をもう少しできるといいのですが、タイミングが難しいですね。
松本城と旧開智学校は、人によって本当に興味が分かれていて、ゆっくり見たい人たちを待っていて、少し出発が遅れました。
黒部ダムに降りていくトロリーバスの時刻が決まっているので、間に合うように急いでいます。
天気は最高です。
信州の山々がとてもきれいに見えます。
稲刈りの終わった田んぼが広がっています。
でも、子どもたちは、こちらには、あまり興味がないようです。
トロリーバスは、電車の仲間だそうです。 このあと、お年寄りのグループが乗ってこられ、席を譲っていました。
紅葉が始まっていました。 風が強い外で、お弁当。 「くろにょん」というゆるキャラと握手しに行っていました。
善光寺に向かうバスの中で、突然スマホがトラブル。タッチパネルが全く機能しません。様々な対処法を試みてみましたが、うまくいかず、修学旅行のレポートも、ここまでかと思いましたが、善光寺から歩いて8分くらいのところに、ドコモショップがあることを調べていただいたので、お参りはあきらめて、一人で走りました。店で調べていただき、フリーズ状態を解除して急いで合流しました。善光寺のレポートが少ないのは、そんなわけです。
善光寺 ほんの少し雨がパラパラ。 買い物風景 ひと休みの3人
2日目の宿舎は、菅平高原です。
夏には、ラグビーの合宿がおこなわれるところです。
雨の中を到着しました。今日の最低気温が0度だったことが全国ニュースになったと伺いました。
こちらは覚悟をして防寒対策をしてきていますが、今、岡山もずいぶん寒いと聞きました。
夕食の風景。
「私がごはんをつぐね。」
「私はお水を入れるよ。」
食事の時に、自然に立ち上がって、進んで給仕をすることができていました。
今日の室長会は、寺子屋みたいですね。 自分たちで改善点を決めて実行することが大切です。
現在、10時消灯から30分経ちました。
とりあえず声は聞こえていませんでした。
お疲れ様です。
岡山からメールをいくつかいただきました。見てくださっていることが実感でき励みになります。
保護者の皆さんやご弟妹たちも見守ってくださっていることを改めて感じているところです。
霧の朝、3日目です。
窓からラグビー場が見えます。
雨はあがったようです。
外での活動が十分できそうです。
確かに寒いので、防寒着は必要です。
おはようございます。朝食会場に集まってきました。 まだ、みんな眠そうです。
青竹バームクーヘン作り 生地をぬりつけます。 炭火であぶります。
おいしそうに焼きあがりました。 年輪も、ちゃんとできています。 みんなでいただきます。
軽井沢聖パウロ教会 祝福の式を行いました。
鬼押し園 自然の造り出した風景を探索しました。 かねをついたグループもありました。
3日目のホテルは、志賀高原です。
ここで最後の買い物。
今までいろんな人の顔を思い浮かべながら、お土産を買ってきたので、やっと自分のものが選べると言っている人も。
今年は、真田丸関係のものが目につきました。
食事は旅の中で何度かあります。
外に出ている時も、学校での生活と同じように、感謝の祈りをしていただくのは基本です。
地元の食材を生かした料理をいただけることは、旅の楽しみの一つです。
食欲は、健康のバロメーターでもあります。
最後まで、元気で旅を続けられますように。
3泊4日の日程は、小学生にとってけっこうハードかもしれません。
健康で旅を続けるためには、食事とともに、睡眠は大切です。
みんなと一緒に寝るのは楽しいので、つい興奮してしまいがちですが、自分のため、そして周りの友達のためにも、早く休むように指導していきます。
清心では、卒業までに、全部で10泊体験していきます。
最終日、4日目も、お天気の朝を迎えることができました。志賀高原の自然の中にホテルがあることが分かります。
みんな元気です。
さすがに少し疲れ気味の人も見られますが、今朝はいつもより朝食の時間が遅めになっているので、ゆっくり準備ができそうです。
朝食風景 1日の糧となりますように
リンゴ園で どれにしようかな 今年は雨が多かったせいで
傷みやすかったようです
自然の恵みに感謝 おいしいね 上の方に赤い実が
最後の食事 恵那峡サービスエリアで昼食 4日間の思い出話も
名古屋駅に到着。
4日間いっしょに過ごした運転手さんとガイドさんともここでお別れ。
最後まで、よい天気で本当にありがたいことでした。
バッグの中にはたくさんのお土産が入っていますが、みんなで学んだことはそれ以上だったと思います。
多くの人たちとよい関わりができ、たくさんの発見があった旅でした。