受験体験談

受験・進学の取り組みを振り返って
悔いの残らない中学受験をしようと親子で決心して 他県の私立中に進学した男子の母
 今春,息子が第一志望校に合格でき,うれしく思っております。息子は,早い段階から自分で志望校を決めており,目標がはっきりしていましたので,親としてもできるだけの協力はしてやりたいと思いました。振り返ってみますと,学年が上がり高学年になると本人は時間に追われ,大変になってまいりましたが,弱音を吐くこともなく日々努力を続けておりました。また,親子で心に留めていたことは,悔いを残さない中学受験をしようということでした。母親としてできることは,毎日の食事作り,塾への送迎,お弁当作り,体調管理,モチベーションをあげる声かけなど,勉強しやすい環境を整えることを第一に考え,サポートするくらいでございました。
 息子は,温かい雰囲気の中で,お優しい先生方や友達にも恵まれ,楽しく心穏やかに6年間を過ごさせていただきました。学校で毎日あるお祈りの時間も,心を鎮めて自分を振り返る良い時間であったようです。清心小学校というすばらしい環境の中で過ごした時は,息子に取りました宝物だと思っております。本当に感謝の気持ちでいっぱいでございます。
 これから受験される皆様にどうぞよい春が訪れますようお祈りいたしております。
日々の積み重ねによって身に付けたもの 県立中に進学した女子

 清心小学校の日ごろの学校生活の中で自然と正しい礼儀や言葉遣いが身に付いたことを受験の面接で実感しました。それは当たり前のようで実は難しいものです。受験当日にいきなりできるものではありません。その習慣が清心小学校で6年間過ごすことによって身に付きました。
 私は国際コースで算数と理科を6年間英語で教わりました。1日約2校時を英語のみの授業で過ごすことによって,知らず知らずのうちに聞く力が養われたと思います。英検2級に合格できたのも,国際コースでの日々の取り組みの成果だと思います。
 この中学受験でよい結果が得られたのは,清心小学校での6年間の努力の積み重ねが大きく実ったからだと感じています。
チャンスをつかみにいく考え方を身につけたおかけで 他県の私立中に進学した男子の父
今春,息子は第一志望の中学に合格することができ,幸運であったと親としては感謝しておりますが,決して幸運は偶然であったとは思っておりません。息子にとっても,私ども親にとってもこの6年間,すべて物事が計画通りに運んだわけではありません。当初は悪い結果だと思っていた想定外の出来事や回り道だと感じられた偶発的な出来事が,結果として思わぬ方向へ運んでいくことも多々ありました。
 クランボルツは,個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことで決まり,その偶発を計画的に設計することでチャンスをつかむことができると言っています。
 ノートルダム清心女子大学附属小学校という最高の環境の中で,好奇心,持続性,楽観性,柔軟性,冒険心が育まれることによって,偶然を活用して自分にとって重要と思われる変化をチャンスの芽としてとらえ,自ら積極的にチャンスをつかみにいくという考え方を自然と身に付けたことが,結果として幸運を引き寄せたと思います。
 6年間,穏やかな環境の中で温かくご指導いただき,親として本当に感謝しております。
目標を決めて計画的に 県立中に進学した男子
受験が終わり感じたことは,自分がした努力は報われるということです。僕は早くから志望校を決め,家族と一緒に勉強をがんばってきました。アドバンスノートというノートを作り,一週間の勉強内容と目標時間数を決め,その内容にそって勉強をするようにしました。
 一人で受験を乗り越えることはできなかったと思うので,先生や塾の先生,友達,家族のおかげだと思っています。